日常からの気付き、ヒント、アイディア、考えたこと、レビューなどなど、いろいろ書きますよ!

さわださとしのオススメ情報!

news

130億円相当の絵画が灰に( ;∀;)

投稿日:


 130億円相当の絵画を証拠隠滅のために燃やすという発想がすごすぎる。。。

 これ、子どもが盗んだことを認めてるわけだし、親は証拠隠滅のために燃やしたことを認めてるから、裁判になったとしても窃盗罪と証拠隠滅罪の事実認定は争点にはならないってことで。

 刑法的にはあまり罪は重くないかもしれんけど、民法的に美術館から損害賠償請求されるんだろうな、と。

【7月17日 AFP】オランダ・ロッテルダム(Rotterdam)のクンストハル(Kunsthal)美術館から昨年10月、わずか90秒足らずの間に盗みだされたパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)やクロード・モネ(Claude Monet)などの7作品が、容疑者の母親によって燃やされていたことが分かった。ルーマニアの通信社メディアファクス(Mediafax)が16日に伝えた。

 今年1月に逮捕されたラドゥ・ドガル(Radu Dogaru)被告の母親は「証拠を隠滅」するため、総額1億ユーロ(約130億円)を超える作品を自宅のかまどで燃やしたと話している。「作品の入ったスーツケースを自宅のかまどに入れた。薪と室内履き、ゴム靴もかまどに入れ、完全に燃え尽きるのを待った」という。

 裁判所に提出された書類によると、母親は「非常に深刻なことが起きたと認識しており、息子が逮捕された今年1月以降、とても恐れていた」。5月には捜査員が母親の自宅のかまどの灰を徹底的に調べたと報じられ、絵画が燃やされたのではないかと心配されていたが、それが事実だったことが確認された形になった。

 被害に遭った作品はピカソの「アルルカンの頭部(Tete d'Arlequin)」、モネの「ウォータールー橋、ロンドン(Waterloo Bridge, London)」、ルシアン・フロイド(Lucian Freud)の「Woman with Eyes Closed」など。「世紀の盗難」と言われるこの事件の裁判は8月に行われる予定だ。(c)AFP
盗難に遭ったピカソらの名作7点、容疑者の母親が「焼却」 国際ニュース : AFPBB News

-news

Copyright© さわださとしのオススメ情報! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.