小保方晴子が手記「あの日」を出版


 STAP細胞論文の不正問題で研究職から追われてしまった小保方晴子さんが、まとまった主張を公表するために手記「あの日」を出版するそうです。

 STAP細胞すごい!と、一気に持ち上げられ、論文の不正が発覚したとたんに手のひらを返したように叩きまくった騒ぎは何だったんでしょうか。

 騒いでいる周囲ではなく当事者からの視点から見た様子が書かれているのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください